September 28, 2019

酸化ストレスとは

活性酸素の産生が過剰になり

抗酸化防御機構のバランスが崩れた状態

のことを言います。

癌や老化の原因にもなる

酸化ストレスを引き起こす

リスク因子としては

空気汚染物質(アクリルアミド、イソシアネートなども)

歯槽骨を含む口腔内細菌叢の悪化

腸内細菌叢の悪化

子宮内細菌叢の悪化

細菌やウイルスから放出される生体毒

薬などの化学物質

過度なストレス

などがあります。

アクリルアミドや

イソシアネートなどは

シトクロムP450(CYP)が関係する

芳香族炭化水素受容体(AhR) などが代謝する過程で

酸化ストレスを大量に発生させてしまいます。

それが

細菌叢の...

September 27, 2019

脾経の働きには

物事を消化して自分の判断に組み込むという

思考・感情の働きも含み

それは体調にも影響します。

肝臓で行われる化学物質の解毒も

脾経の働きに含まれます。

脾経の働きが乱されている

化学物質過敏症の方は

肝臓で受容体が毒性発現しやすくなっています。

酸化ストレスを減らす食生活と工夫で

電子伝達系の働きを乱さないことと

思考・感情の調和も重要です。

放射線量を

100mSv(100,000μSv)ぐらい被爆した人の方が
最も癌リスクが少ないという結果が出ていて

ホルミシス効果と呼ばれています。

低線量の放射線だとホルミシス効果で

生物の中でイオン化などが...

September 26, 2019

脾経は脾臓の経絡ではありません。

脾臓は白血球・リンパ球の一部を造り

古くなった赤血球や白血球を破壊する臓器です。

脾経を無理に1つの臓器に対応させるとしたら

甘い糖に関係する膵臓になります。

脾経の働きは

西洋医学の生理学に対応させると

消化→同化という働きになりますし

物事を消化して自分の判断に組み込むという

思考・感情の働きも含みます。

ここでは

西洋医学の消化→同化について説明しますね。

消化:分解して体内に物質を取り入れること

同化:体内に取り入れた物質から体組織を構成する物質を作り出すこと

胃経の働きは消化に重点があって

脾経の働きは同化に重点がある...

September 22, 2019

歯茎の色が悪い方は歯を支えている歯槽骨の奥にいる

多くの歯周病菌が長期間に渡って悪さをしています。

歯周病菌には多くの種類があります。

酸素の少ない環境の血液で

数十倍~数万倍に増殖したりするのもいます。

免疫細胞の働きを狂わせたり

多くの悪玉菌が活動しやすくしたりします。

脳関門や胎盤関門を突破するのもいます。

酸化ストレスを増大させるため

老化と酸化を促進することで

さまざな症状を起こしたり悪化させます。

生理痛

月経前緊張症

不正出血

妊娠中の不調

更年期障害

不妊

早期流産

子宮頸癌

乳癌

大腸癌

その他の癌

関節リウマチ

膠原病

アレルギー

化学物質過敏症

電磁波過敏症

成人...