September 22, 2019

歯茎の色が悪い方は歯を支えている歯槽骨の奥にいる

多くの歯周病菌が長期間に渡って悪さをしています。

歯周病菌には多くの種類があります。

酸素の少ない環境の血液で

数十倍~数万倍に増殖したりするのもいます。

免疫細胞の働きを狂わせたり

多くの悪玉菌が活動しやすくしたりします。

脳関門や胎盤関門を突破するのもいます。

酸化ストレスを増大させるため

老化と酸化を促進することで

さまざな症状を起こしたり悪化させます。

生理痛

月経前緊張症

不正出血

妊娠中の不調

更年期障害

不妊

早期流産

子宮頸癌

乳癌

大腸癌

その他の癌

関節リウマチ

膠原病

アレルギー

化学物質過敏症

電磁波過敏症

成人...

September 19, 2019

全身疲労が長く続く人が増えています。

洗剤や消臭剤などに含まれる化学物質の

アクリルアミドなどで

副交感神経が狂わされてしまうと

悪玉菌である歯周病菌の悪さが

唾液の止まる睡眠時間に最も活動的になります。

そのため朝起きた時も体が重く

パソコンや携帯を触ると

すぐに腕や肩が重くなって目が疲れ

記憶違いやミスも増えてしまいます。

この状態で生活を続けていると

いろいろと破綻していきますから

早急に対策が必要です。

気の感覚や脈診を使って調べてみると

小腸経が乱れていて上顎の歯槽骨にいる

歯周病菌も悪さをしていることで

脳神経の働きも邪魔されていることが多いです。

そう...

September 18, 2019

手足が重く肩が凝って寝ても疲労が抜けない

という方も来院されます。

洗剤や消臭剤などに含まれる化学物質の

アクリルアミドなどで

迷走神経が乱された時にも

歯周病菌が悪さをすることが多いです。

気の感覚や脈診を使って調べてみると

胃経と大腸経が乱れていることが多いです。

そういう方に胃経で下顎にある

大迎(だいげい)というツボに

DS元気(電磁清浄器)

かざしてみると反応があります。

そのツボを使って鍼治療をすると

手足が動きやすくなり

肩凝りと疲労感も楽になることが多いです。

画像の出典: https://gogyoantoyoigaku.wordpress....

September 11, 2019

顎の関節に異常を訴える方もいます。

我慢する時や力を入れる時に歯を食いしばったり

寝ている間に歯ぎしりをしてしまっている方が多いです。

歯槽骨に潜伏している歯周病菌が出す生体毒素で

神経や肝臓に負担がかかっているのが原因です。

歯科医師が顎関節の原因の説明としてよく言う

ストレスが原因ではありません。
 

ストレスというのは

環境によって心や体に負担がかかっている状態

のことであって

原因を説明する言葉ではありません。

ストレスという言葉は

医師や治療師が原因の説明として使いがちですが

何の説明にもなっていない言葉なので

だまされないように!

気の感覚や脈診を使...