September 28, 2019

酸化ストレスとは

活性酸素の産生が過剰になり

抗酸化防御機構のバランスが崩れた状態

のことを言います。

癌や老化の原因にもなる

酸化ストレスを引き起こす

リスク因子としては

空気汚染物質(アクリルアミド、イソシアネートなども)

歯槽骨を含む口腔内細菌叢の悪化

腸内細菌叢の悪化

子宮内細菌叢の悪化

細菌やウイルスから放出される生体毒

薬などの化学物質

過度なストレス

などがあります。

アクリルアミドや

イソシアネートなどは

シトクロムP450(CYP)が関係する

芳香族炭化水素受容体(AhR) などが代謝する過程で

酸化ストレスを大量に発生させてしまいます。

それが

細菌叢の...

September 27, 2019

脾経の働きには

物事を消化して自分の判断に組み込むという

思考・感情の働きも含み

それは体調にも影響します。

肝臓で行われる化学物質の解毒も

脾経の働きに含まれます。

脾経の働きが乱されている

化学物質過敏症の方は

肝臓で受容体が毒性発現しやすくなっています。

酸化ストレスを減らす食生活と工夫で

電子伝達系の働きを乱さないことと

思考・感情の調和も重要です。

放射線量を

100mSv(100,000μSv)ぐらい被爆した人の方が
最も癌リスクが少ないという結果が出ていて

ホルミシス効果と呼ばれています。

低線量の放射線だとホルミシス効果で

生物の中でイオン化などが...

September 26, 2019

脾経は脾臓の経絡ではありません。

脾臓は白血球・リンパ球の一部を造り

古くなった赤血球や白血球を破壊する臓器です。

脾経を無理に1つの臓器に対応させるとしたら

甘い糖に関係する膵臓になります。

脾経の働きは

西洋医学の生理学に対応させると

消化→同化という働きになりますし

物事を消化して自分の判断に組み込むという

思考・感情の働きも含みます。

ここでは

西洋医学の消化→同化について説明しますね。

消化:分解して体内に物質を取り入れること

同化:体内に取り入れた物質から体組織を構成する物質を作り出すこと

胃経の働きは消化に重点があって

脾経の働きは同化に重点がある...

September 25, 2019

脳と腸は

自律神経系や

液性因子(ホルモンやサイトカインなど)を介して

密に関連しています。

この双方向的な関連を

「脳腸相関」または「脳腸軸」と言います。

消化管の情報は神経系を介して大脳に伝わり

腹痛や腹部の不快感とともに

抑うつや不安などの情動変化も引き起こします。

これらの情動変化が

副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)や

自律神経を介して消化管へ伝達され

さらに消化管の運動異常を悪化させることになります。

過敏性腸症候群では

ストレス状態によって誘発された

副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)は

視床下部や脳幹にある

副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CR...

September 24, 2019

アルツハイマー型認知症で死亡した人の脳からは

歯周病菌のポルフィロモナス・ジンジバリスの

内毒素(LPS)が見つかっています。

歯周病菌の

ポルフィロモナス・ジンジバリス

フソバクテリウム・ヌクレアタム

脳の関門も突破して

脳に炎症も起こします。

歯周病菌で脳に炎症が起きて

頭痛

脳疲労から来る全身疲労感

は若い人でも日常的にあることを

治療の現場で感じています。

歯周病菌の

ポルフィロモナス・ジンジバリス

タンネレラ・フォーサイセンシス

トレポネーマ・デンティコーラ

などが生成する

酪酸が細胞内に取り込まれると

鉄分子(ヘム)

過酸化水素

遊離脂肪酸

が過剰に産出されるた...

September 23, 2019

歯周病菌のポルフィロモナス・ジンジバリスは

関節リウマチ(RA)

自己免疫疾患の膠原病

シェーグレン症候群

の発症にも関係します。

ペプチジルアルギニンデイミナーゼ(PADs)

と呼ばれる酵素群によって行われるシトルリン化で

タンパク質を別のタンパク質に変えてしまいます。

そのことで

関節リウマチ(RA)を引き起こすこともあります。

歯周病菌は

心臓や大動脈、静脈などの血管にも潜入して

血流に乗って脳関門も突破し、骨にも入り込んだり

脳神経、内分泌の器官、生殖器、腸にも潜入します。

腸内から細菌や内毒素が漏れないようにする

バリア機能も損なわれるため

腸内細菌のバ...

September 22, 2019

歯茎の色が悪い方は歯を支えている歯槽骨の奥にいる

多くの歯周病菌が長期間に渡って悪さをしています。

歯周病菌には多くの種類があります。

酸素の少ない環境の血液で

数十倍~数万倍に増殖したりするのもいます。

免疫細胞の働きを狂わせたり

多くの悪玉菌が活動しやすくしたりします。

脳関門や胎盤関門を突破するのもいます。

酸化ストレスを増大させるため

老化と酸化を促進することで

さまざな症状を起こしたり悪化させます。

生理痛

月経前緊張症

不正出血

妊娠中の不調

更年期障害

不妊

早期流産

子宮頸癌

乳癌

大腸癌

その他の癌

関節リウマチ

膠原病

アレルギー

化学物質過敏症

電磁波過敏症

成人...

September 21, 2019

歯周病菌のジンジバリスは

子宮などにも常在することが多いです。

酸素の少ない環境では

血液で数十倍~数万倍に増殖します。

十代後半の若い時から

関節リウマチ(RA)

膠原病

アレルギー

化学物質過敏症

電磁波過敏症

成人アトピー

に発症してしまうのが

女性に多い原因にもなっていることを

これから説明していきますね。

ジンジバリスが子宮などに潜伏していると

生理による出血が始まった時に急激に増殖して

免疫細胞との戦いで酸化ストレスが増えるので

生理痛を起こします。

免疫力を低下させる戦い方をするので

悪玉菌と毒素も増えてしまいます。

子宮内フローラ(細菌叢)を悪化させて

経皮...

September 20, 2019

歯周病菌のジンジバリスは病原性が高いグラム陰性菌に属し

心臓や大動脈、静脈などにも生息し血栓の原因にもなる歯周病菌です。

ジンジパインというタンパク質分解酵素を分泌することで

免疫細胞である白血球(好中球)に作用して免疫機能を狂わせるため

他の悪玉菌となるグラム陰性菌も殺されなくなります。

この作用で他の悪玉菌も爆発的に増殖するので

悪玉菌が優勢の状態になってしまいます。

グラム陰性菌はリポ多糖(LPS)という

内毒素(細胞壁の成分)を持っています。

リポ多糖(LPS)という内毒素は

腸内細菌に由来するほか

食用植物や漢方薬にも付着しています。

経口・経皮...

September 19, 2019

全身疲労が長く続く人が増えています。

洗剤や消臭剤などに含まれる化学物質の

アクリルアミドなどで

副交感神経が狂わされてしまうと

悪玉菌である歯周病菌の悪さが

唾液の止まる睡眠時間に最も活動的になります。

そのため朝起きた時も体が重く

パソコンや携帯を触ると

すぐに腕や肩が重くなって目が疲れ

記憶違いやミスも増えてしまいます。

この状態で生活を続けていると

いろいろと破綻していきますから

早急に対策が必要です。

気の感覚や脈診を使って調べてみると

小腸経が乱れていて上顎の歯槽骨にいる

歯周病菌も悪さをしていることで

脳神経の働きも邪魔されていることが多いです。

そう...

Please reload

  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
最新記事
Please reload