#化学物質過敏症 は #芳香族炭化水素受容体 ( #AhR )の働きが暴走した #受容体異常症 なので #香害 の症状を #アレルギー と考える 病院では治療不可能 です

化学物質過敏症 の つらい症状 は

芳香族炭化水素受容体 (AhR) が 暴走して

毒性が発現 した状態 で 起こります。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) が 暴走しないように することが

化学物質過敏症 の つらい症状 を 楽にします。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) は ダイオキシン受容体 とも呼ばれ

ダイオキシン

ホルムアルデヒド(シックハウス症候群 )

イソシアネート(柔軟剤 などの 香害)

などの 化学物質 でも 狂わされて 暴走します。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) を 持たないマウス を 人工的に作成して

その マウスに ダイオキシン を 与えても 毒性が発現 しません。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) は 生体にとって

邪魔で 余計な機能 であるかのように 考えられた時期 も ありました。

しかし 芳香族炭化水素受容体 (AhR) を 持たない マウスは

小さく 弱く 健康 では ありません。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 機能は

ほ乳類 だけ ではなく 原始的な生物 も 有しています。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) は

生命維持 の 根幹 に関わる 生体機能 なんです。

画像の出典:https://ipp.okinawa/tag/%E5%B7%9D%E5%B0%BB%E8%A6%81/

長い 生命の歴史 では

自らが 食べられることの ないように 毒物 を作る

それを 食べる生物 が 解毒能力 を 獲得する

食べられる側 は さらに強い毒物 を 作り出す

が 繰り返されてきた 訳ですが

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の働き方は

化学物質 が 激増した 現代 では 激変 しています。

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 働き の 説明 は

まだまだ 足りない ので 続きを お楽しみに!

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 働き を 調和させるのに

DS元気 も 有効だ という 事実 だけは 知ってください。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square