#芳香族炭化水素受容体 ( #AhR ) の 働きを 調和させると #免疫系の病気 や #過敏性腸症候群 の 症状 も 楽になります

July 25, 2019

芳香族炭化水素受容体 (AhR) は 薬物代謝 だけ でなく
免疫系 においても 炎症の 調節因子 として 重要な 働き を しています。

 


Th17細胞(IL-6の下流で働く ヘルパーT細胞サブセットの一つ)
Treg細胞
Th1/Th2細胞

などの 働き も 調整 しています。

 

 

マクロファージ の 自然免疫応答 の 制御 では STAT1 との 複合体 となって

LPS刺激 の 下流 で 働いている NF-κB の 転写活性 を 抑制します。

 

 

画像の出典:https://www.researchgate.net/figure/TLR-ligands-trigger-transcriptional-activation-of-STAT-1-and-NF-kB-and-then-induce-IDO_fig1_267511570

 

 

 

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の働き が 狂わされると
毒性 を 発現する ことに なってしまい

 

自己免疫疾患

 

などの 病態 を 形成して しまいます。

 


制御性T細胞(Treg)は

CD4陽性T細胞 の一種 で

 

抗炎症性サイトカイン(IL-10)を 産生することで
免疫応答 を 負に制御し

 

自己免疫
アレルギー
過剰な炎症反応

 

などの 有害な免疫反応 を 抑制するので

 

免疫寛容
免疫恒常性の維持

 

などに 重要な細胞です。

 


制御性T細胞(Treg)の 特異的マーカー である
マスター転写因子 (Foxp3)が

 

胸腺細胞 の 分化過程に 発現すると tTreg に分化し

 

腸内細菌抗原 を 認識する ことで
抗原 と 一度も出会ったことのない ナイーブT細胞 に
発現すると pTreg に 分化します。

 

 

芳香族炭化水素受容体 (AhR) と

腸内フローラ(細菌叢)

が 調和した状態 に なれば

 

過敏性腸症候群 の 症状 も 楽に なります。

 

 

リーキガット症候群 と よばれる 症状は

医学的に 認められて いません。

 

小腸の壁に 分子レベル の 小さな隙間 が 発生する から

炎症 が 起きる という 説明 を している からだ と 思います。



小腸 での 制御性T細胞(Treg)の 乱れ で
有害な免疫反応 が 抑制できないから

炎症 が 起きる という 説明 なら
 

リーキガット症候群 と よばれる 症状 も

医学的に 認められる のでは ないでしょうか?

 


人体にある 芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 働き は

急激に 多環芳香族炭化水素 (PAH) の 種類 が 激増した

現代 では 大きく 狂わされやすく なっています。

 


芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 話し は
まだまだ 続くので お楽しみに!

 


芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 働き を 調和させるのに
DS元気 も 有効だ という 事実 だけは 知ってください。
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ