#化学物質過敏症 や #香害 などの 発症 に 大きく影響する #芳香族炭化水素受容体( #AhR )が 調和して 働く 対策を

July 26, 2019

人の芳香族炭化水素受容体(AhR)に大きく影響する

多環芳香族炭化水素 (PAH) などの 様々な 化学物質 による

環境汚染(洗剤・柔軟剤・消臭剤 などの 香害 も 含む)が

社会問題化 しています。

 

新薬 の 開発が進み さまざまな 病気 の 治療 に 用いられて いますが

人によっては 重篤な 副作用 が 発生する 場合が あります。

 

生体 には 異物・薬物 を 代謝・解毒する 防御機構 が 備わっています。

 

 

画像の出典:http://www.dmbc.med.tohoku.ac.jp/cgi-bin/project8/view.cgi

 

 

芳香族炭化水素受容体(AhR)は

第1相反応(酸化・還元反応)で 異物・薬物 に 応答して

シトクロムP450(CYP)遺伝子 の 転写 を 活性化 します。

 

シトクロムP450 は 酵素 ではなく 電子伝達タンパク質 で

半導体 の 電子回路 よりも 繊細な 電子調整 を しています。

 

 

シトクロムP450(CYP)は

電子 を 次々と タンパク質 に 受け渡す ことで

効率的な エネルギー生産 や 化学反応 を 実現 して います。

 

タンパク質間 の 電子伝達 は 金属イオン など を 含む

電子伝達タンパク質 によって 行われています。

 

タンパク質間 の 電子伝達 は 特異性が高く

特定の タンパク質 の間には

その間での 電子伝達 にだけ 用いられる

電子伝達タンパク質 が 存在しています。

 

生体内 の 電子伝達 では

電子伝達タンパク質 が 電子 を 持って 郵便 配達 の ように

特定のタンパク質 から 特定のタンパク質 まで

電子 を 渡す(電気を流す)ことに なります。

 

生物 は このような方法で 自由に 電子 を 操り

酸素呼吸

解毒代謝

などの

多くの 化学過程 を 実現しています。

 

 

ですから 電磁ノイズ の 影響 を 大きく 受けても

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 働き が 狂わされる ことに なります。

 

 

芳香族炭化水素受容体 (AhR) の 働き を 調和させるのに

DS元気 も 有効だ という 事実 だけは 知ってください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事