#ペット は #香害( #人工香料 )  で 体調を崩して 死亡しやすい #化学物質過敏症 です

August 6, 2019

ペットは人間よりも芳香性のある物質で

体調を崩し死亡しやすいので要注意です!

 

動物の芳香族炭化水素受容体 (AhR)による毒性発現が

人間よりも敏感だからです。

 

画像の出典:https://note.mu/ayaturaren/n/n4e3691ecd21b 

(※連絡先のメールアドレスが不明のため未承諾です)


 

人間は動物に比べれば

多環芳香族炭化水素 (PAH)に属する

人工香料 や 天然アロマ などの影響で

芳香族炭化水素受容体 (AhR)が

毒性発現を起こしにくいのです。

 

 

芳香族炭化水素受容体 (AhR)の働きが

アクリルアミド や

イソシアネート などの

化学物質に狂わされ続けていると

動物以上に敏感になってしまい

化学物質過敏症 になるリスクが増します。

 

 

芳香族炭化水素受容体 (AhR)の働きに関係する

電子伝達タンパク質であるシトクロムP450

の働きを乱す電磁ノイズを

DS元気(量子電磁清浄器)で調和させてください。

 

 

 

ここからは、人間と他の動物の違いを説明します。

 

興味のある方は説明が上手ではありませんが参考に。

 

 

人間の芳香族炭化水素受容体 (AhR)は

他の動物と違って

381番目の

アラニンが

バリンに

変わっています。

 

違いはその1つだけで、PAS-Bドメインの

リガンド (特定の受容体に特異的に結合する物質) 結合部位です。

 

PAS-Bドメインは低酸素条件に応答して

DNA結合領域の塩基性ヘリックスループヘリックス(bHLH)による

DNAからの転写活性化に関与します。

 

この変異で生体異物である多環芳香族炭化水素 (PAH)

に対する感受性が弱まり

毒性発現も弱まりました。

 

人間が火を使うことに適応するために変異したのです。

 

焚き火の煙は多くの

多環芳香族炭化水素 (PAH)を発生させるので

耐性が必要になりました。

 

人間ですら完全に調和した

解毒能力を獲得する進化に到っていないため

芳香族炭化水素受容体 (AhR)が暴走した時は

自らを攻撃してしまう毒性発現をしてしまいます。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square