かざす鍼 ( #DS元気 ) は #乳癌 で #放射線治療 している人の #副作用 を軽減する作用もあるので #放射線 の #被曝 を心配している人も 使ってみてください

December 2, 2019

※お客さまの許可をいただいてアップしています。
 

乳癌 の 摘出 手術後

放射線 を 照射される たびに

DS元気 を かざしていただくと

11回の時点で

胸の痛み や 吐き気 などの

副作用 が 抑えられていたそうです。

 

 

画像の出典:http://gan-mag.com/study/7351.html

 

 

乳癌で放射線治療を受けると1回で

1,800,000~2,000,000 μSv の線量の被曝を受けます。

 

11回の時点 でも 副作用 が 出ていない ので

ドクター も 首 を ひねられて いた そうです。

 

原爆症では 1回に 被曝する線量 が

1,000,000 μSv を 越えると

リスク が あると言われています。

 

かざす鍼(DS元気)を 使えば

現時点 で 観測されている 放射線量 の 被曝 なら

放射能 の 被曝 を 心配する 必要 が 無くなります!

 

人体にある 電子伝達タンパク質 には

シトクロムP450(CYP)があります。

 

シトクロムP450(CYP)の

酵素誘導・代謝亢進により発生する

酸化ストレス が 発癌 の 主な 原因 です。

 

放射線 の 被曝で 量子トンネル効果 の

プロトントンネリング が 発現すると

シトクロムP450(CYP)が 関係する

芳香族炭化水素受容体(AhR) が 薬物 を 代謝する 過程で

酸化ストレス が 大量に 発生してしまいます。

 

かざす鍼(DS元気) は 生体 に対しては

量子トンネル効果 の プロトントンネリング という

電磁ノイズ を 消去していきます。

 

かざす鍼(DS元気) を ぜひ お試しください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事