日本で主流の #ホメオパシー は #カルト の #感染呪術 で効いている #レメディ だから 薬を使いにくい #化学物質過敏症 の人にも危険です

ホメオパシーを信じてレメディを服用すると

実際に痛みや症状が消えたりします。

多くの医師は

ホメオパシーのレメディは希釈を何度も繰り返すことで

元の成分は無くなっているただの砂糖玉だ!

という事実で効果を否定しますが

ホメオパシーを信じる人には効くことが多いです。

ホメオパシーで楽になる機序を理解せずに否定するから

ホメオパシーをやめて医療機関を受診する流れになりにくいです。

日本で主流のホメオパシーのレメディは

邪悪な感染呪術で脳の一部を麻痺させて

症状を感じさせないことで楽にしているのであって

自然治癒力を増して楽にしているのではありません。

伝統あるドイツのホメオパシーのレメディは祈りのような作用で

脳神経を麻痺させる感じはありませんでしたから

日本で主流のレメディは全くの別物で冒涜です。

画像の出典:https://matome.naver.jp/odai/2142082702742197401

(※連絡先のメールアドレスが不明で未承諾です)

日本で主流のホメオパーのレメディが

ドイツのホメオパシーのレメディと同じ物であるかように装って

邪悪な感染呪術が駆使されている物を 洗脳された か 思い込み で

気の感覚に敏感じゃない人が売ってるから危険なんです。

痛み止めの薬も出せて診断と検査も行える医師が

伝統あるドイツのホメオパシーのレメディを処方すべきかと思います。

以下の文章で

「ホメオパシー」という記載は

「日本で主流となっている邪道のホメオパシー」としてください。

気の感覚で調べると

ホメオパシー の レメディ を 飲んだ人は

麻酔 を 受けた直後のように 脳の一部 の 気の流れ が詰まっています。

複数のレメディを飲んだ人は

複数の箇所で脳に気のブロックがかかっていましたから

文字通り 洗脳をかけられた状態になっていました。

信じている人への感染呪術による心理作用で

麻酔の魔法が効いているものであって

自然治癒を促すものではありませんよ!

歯が痛む時に

虫歯菌の滅菌や殺菌や消毒もしないで

痛みを伝えられている脳の部分に麻酔をかけて

痛みが消えたのを

自然治癒で治ったと宣言するようなものです。

病院でも痛み止めを出しますが

それだけで治ったという判断はしないはずで

診断と検査で悪い所に注意しているはずです。

東洋医学でも

気の流れが詰まった状態のままに

しておくことは良くないことと考えます。

私が 鍼治療 を 担当した

ホメオパシー の レメディ を服用した方々には

気の詰まりを解放して 危険信号の痛み に 気づいてもらい

体の ひずみ を 減らすことで 痛み を 緩和するようにしました。

体調不良の人は

あちこちの気の流れが詰まった状態ですから

ホメオパシーのレメディを飲むと

状態を悪化させることになります。

感染呪術による感覚の麻痺を

治ったと勘違いしないでください。

呪術を解放しない限り

脳神経が本当の状態を把握できないので

自然治癒の妨害になります。

ホメオパシーが自然治癒力を高める

と信じている人も大多数の人と同じで

気の感覚に敏感ではないと思います。

ホメオパシーによる感覚の麻痺は

脳神経の働きも狂わせてしまいます。

ドイツの伝統あるホメオパシーのレメディを

服用された方には祈りのように作用していて

感染呪術で麻痺させられたような痕跡は感じませんでした。

本来のホメオパシーは祈りに近い効果だと思います。

ドイツの伝統あるホメオパシーのレメディだと

良い効果が出ているようですよ。

ドイツだと医師の処方箋が出て健康保険もきくそうなので

健康状態も診断してもらえて安心して使えますよね。

邪悪な感染呪術でも痛みを抑える効果が出たりするのですが

レメディ服用者が怖がりの感情で

レメディ提供者が相手をコントロールして笑っている感情という

服用者が侮辱されている人間関係でこそ最も効果が出ます。

五行の相侮という自然に反した邪悪な呪術です。

火侮水という不自然な相侮の関係:

火(笑い)が 水(恐怖)を 侮って(あなどって)

火が水から元気を奪う不自然で邪悪な関係です。

いじめっ子 が 笑いながら 怖がらせて 元気になる状態 や

暴力団組員 が 笑いながら 恐喝して 現金を奪う状態 や

悪徳宗教 が 笑いながら 人を脅して 資産や人権を奪う状態 や

悪徳医師 が 笑いながら 患者を脅して 通院を続けさせる

なども 同じ 相侮 という 自然に反した邪悪な呪術 と言えます。

自然では水剋火という水(恐怖)が 火(笑い)を抑制する

相剋の関係になるはずなのに

相侮の関係になる呪術は反対の不自然な悪魔の所業です。

第三者によるチェックを排除して

相手を怖がらせて脳の働きをロックさせて

コントロールしているから

日本で主流のホメオパシーは邪悪で危険です!

麻酔薬に近い作用を自然治癒で治ったことにして

病院で状態をチェックさせないから危険なんです!

実際、胆嚢の具合が悪い人がレメディ を飲んで

楽になるぐらい 効いたんですよ!

それで安心して病院での 検査を受けずに

生活してたら 突然の激痛で入院されました。

胆嚢で細菌が大繁殖して 炎症が起きていたとのこと。

麻痺させる邪悪な魔法で効いているので 関わると危険!

日本で主流のホメオパシーは邪悪な感染術の麻酔効果であって

ドイツの伝統あるホメオパシーの祈りの効果とは違います!

邪悪なホメオパシーのレメディを服用されたことがある方には

DS元気(量子電磁清浄器)をかざすなどして

邪悪な感染呪術によってかけられた洗脳を解き

脳神経の働きを調和させることをおすすめします。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square