#バイオレゾナンス 医学 の5つの要因や #東洋医学 の #気血水 の観点から 心身を調整すると体調が改善します

August 21, 2019

体調不良の原因を

バイオレゾナンス医学の5つの要因と

東洋医学の気血水の視点で考えると

 

生体内因 → 血 >気 >水

潜在感染 → 血 >水 >気

化学物質 → 気 >血 >水

電磁波    → 気 >水 > 血

金属       → 水 > 気 > 血

 

となり

 

生体内因 >潜在感染 > 化学物質 >電磁波 > 金属

血 > 気 > 水

 

の 順 に 悪化要因 への 対策 が 難しくなる 傾向 が あります。

 

 

生体内因 >潜在感染 > 化学物質 >電磁波 > 金属

の要因はお互いに影響し合い

血 > 気 > 水のバランスを乱していきます。

 

 

体調不良を早期に改善しようとすれば

上記の視点を踏まえた 対症療法 が有効です。

画像の出典:http://www.yayamaclinic.com/chiryo.html

(※ yayamaclinic@gmail.com に 使用の承諾を申請中)

 

 

歯医者でも対応できない歯槽骨の奥 に 潜伏した

歯周病菌 が 出す 生体毒素 も含めた

 

 

有害物質の大量曝露で 細胞破壊 と 機能障害 が起き

 

腸内環境 が大きく悪化して 免疫 が 狂い

 

口腔内フローラ(歯槽骨の奥 に 潜伏している 歯周病菌 も)

腸内フローラ(免疫 や 脳 の 働きにも 影響している)

子宮内フローラ(女性 の方に 免疫疾患 が 多い理由)

 

で 悪玉菌 が優勢になると 難病を発症 しやすくなります。

 

 

成人の細胞の数は40兆~50兆ですが

常在細菌の数は500兆~1,000兆です。

 

 

悪玉菌 が 優勢になっている場所を特定し
善玉菌 が 優位になるようにすることが

健康 を 保つのに 皆さんに 必要なこと です。


 

電子伝達タンパク質 である シトクロムP450(CYP)は

細菌 や 人体 の 電子伝達系 で 働き

病院 で 出される 8割ぐらい の 薬の代謝 にも 関係します。

 

 

生体 の 活動 を 説明する には 電子伝達系 における

量子力学 の 量子生物学 で 考える 必要 も あります。

 


人体の働き(エネルギー の やりとり) が 乱れると

量子トンネル効果 による キーファクター が 乱れます。

 

 

量子トンネル効果 による キーファクター:
プロトントンネリング → DNA自発変異(癌化 や 老化)

電子トンネリング → 酸化還元反応 や 酵素反応

 

 

化学物質過敏症 の方は

電子伝達系 の 量子トンネル効果 が 乱されることで

電磁波過敏症 を 併発する ことがあります。

 

 

DS元気(量子電磁清浄器)は
プロトントンネリング を 減らすことで

体調 が 改善 していく ように 作用します。

 


DS元気(量子電磁清浄器)を お試しください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事