#歯周病菌 は #難病 のもと。その悪影響を減らすには #肺経 の #魚際 という #ツボ が有効な場合も

September 6, 2019

歯周病菌の悪影響で体調不良の方が多いです。

 

「カゼは万病のもと」と言われますが

「歯周病菌は難病のもと」で現在も進行中の闘いです!

 

ネットで最新の歯周病菌の情報を

探しまくってください。

 

当院のブログで紹介している歯周病菌の情報は

最新論文などからの引用もありますから

トンデモと即断しないでくださいね。

 

オリジナルの情報は

治療院に来られた方々の治療から推測した

再現性の高い仮説なので

トンデモと笑ってもらって構いません。

 

治療結果を出せる仮説は使いまくるのが

当院のポリシーなので

さらに結果を出せる洗練された仮説や原理で

トンデモが論破されることを強く望んでいます。

 

歯周病菌は酸素が苦手な細菌なので

宿主である人間の自律神経を操作して

酸素不足の体調にします。

 

気の感覚や脈診を使って調べてみると

肺経も乱されていることが多いです。

 

そういう方に肺経の

魚際という手にあるツボ に

DS元気(量子電磁清浄器)

かざしてみると大きな反応があります。

 

魚際の本当の位置は

専門学校で教えられている

教科書の位置とは異なります。

 

魚際の本当の位置に

鍼治療をすると変化が大きいです。

 

血管迷走神経反射で気分が悪くなって

寝てもらうこともあるぐらいです。

 

太い中国針だと血管迷走神経反射

しまくりの可能性が高いから

本当の位置は教えないのかも。


本当に効果のあるツボの位置を一部は

嘘にして秘伝にすることで

本当に気の感覚がある者と

本当の位置を知っている者だけが使える

立場と命を守る必要性があった(今も?)という

中国大陸の伝統もあるのかもしれませんね。

 

教科書の位置だと柔らかくて

本当の位置より反応が弱くて痛いが主なので

お客さまに失礼だから私は使いません。

 

教科書には嘘も多いと思って探してもらえば

教科書で公開されている位置より

手首に近い所で硬い箇所が

本当の位置ですよ~。

 

そのツボを使って鍼治療をすると

呼吸が深く入っていく感じになって

血中酸素濃度が上がることで

酸素が苦手な歯周病菌の悪さを減らします。

 

肺経と表の関係にある

大腸経のエネルギーラインに含まれる

歯槽骨にいる歯周病菌の悪さを減らすことでも

自律神経のバランスがとりやすい体調にします。

 

 

画像の出典: https://gogyoantoyoigaku.wordpress.com/

(※連絡先のメールアドレスが不明で未承諾です)

 

歯周病菌 は 難病のもと です。

本当に 効果のある 対策 を!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事